創業100年を超える伝統が培ってきた木と紙にかかわる匠の技
0256-52-0040

大湊文吉商店について

創業100年を超える伝統が培ってきた
木と紙にかかわる匠の技
明治初頭、初代大湊文吉が加茂の産品であった和紙を利用し、柿渋から抽出したものを紙に塗った「渋紙」の製造卸がその創業となります。 その後、昭和に入り二代目文吉が表装屏風の製造卸を始め、昭和50 年代には、それまでの純和風の調度品だけでなく、和洋折衷デザインの障子屏風を開発、製造。 平成17年より新潟県発海外ブランド「百年物語」に参加し、世界市場への展開も果たしております。

商品一覧

モダン屏風

秋田杉格子スクリーン

美術屏風

もみ金四君子

コレクション

秋田杉格子傘立

Access

商品一覧へ
←このページのトップへ