創業100年を超える伝統が培ってきた木と紙にかかわる匠の技
0256-52-0040

屏風について

屏風の歴史

屏風は、室内に立てて風を防ぎ、人目をさえぎり、なおかつ装飾する調度品の一つで、古くは奈良時代の東大寺献物帳に「御屏風 一白双」とあり、奈良の正倉院にも屏風が保存されています。

平安時代には宮廷の儀式に山水、花鳥、楼閣賢聖図などの屏風が使われ、桃山時代の大建築には装飾で権力誇示を兼ねた世界図、南蛮人風俗図屏風も出現しました。
江戸時代には遊郭をはじめ、富裕な町人の間にも流行し、大絵画の発表の機会にもなりました。近年、屏風は装飾調度品として茶会に供する風炉先屏風、枕元に置かれる枕屏風等々、さらには結婚式などの慶事に供する金屏風など、その用途も多様化し、生活に密着した調度品として広く尊重されています。

A:東大寺献物帳の画像

 

B:喜多川歌麿 三段娘_中品の図の画像,C:楊洲周延 千代田之大奥 お流れの画像
  1. 東大寺献物帳
    出典/国立国会図書館デジタルコレクション
    http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/993697
  2. 喜多川歌麿 三段娘_中品の図
    出典/ニューヨーク公立図書館デジタルコレクション
    https://digitalcollections.nypl.org/items/510d47da-4788-a3d9-e040-e00a18064a99
  3. 楊洲周延 千代田之大奥 お流れ
    出典/国立国会図書館デジタルコレクション
    http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1302644

屏風は元来、「しきる」「へだてる」といった機能性や画や書の表現方法のひとつのツールとして、その時々により空間の中へ登場してきたものです。また、広げれば数メーターにもなるも のが、二つ折り、三つ折り、四つ折りなどにたたんで片付けられる利便性も長く利用されてきた原因のひとつといえるでしょう。

屏風は、その構成する一枚を一扇(いっせん)といいます。四扇でできた屏風を四曲(よんきょく)屏風といい、一つの屏風は一隻(せき)と数えます。そして、一対(屏風が二隻)となるものを一双(そう)と呼びます。古来、屏風は二つで一組とされていたので、このように呼び表されるのです。

二曲半双

四曲半双

二曲一双

四曲一双

金彩屏風
枕屏風
美術屏風(ウルトラマン)

商品一覧へ
←このページのトップへ